貸し会議室を使用するメリットについて

>

社外の人を招きやすい

大切な書類やデーターの流出に繋がりやすい

貸し会議室を利用すると大抵営業マンやその会議に必要な人数が事務所から一時的にですがいなくなってしまいます。
その場合だと残った女性が事務所に残って電話や来客の対応をしないといけません。
ですが多くの場合だと、いちいち担当の営業マンに連絡をして指示を得る必要があります。

その際に、パソコンから必要なデーターを取り出す作業も女性が行わないといけない事もあると思います。
そのような時は結構焦っている事も多い為、間違いを起こしやすいです。
他人のパソコンを利用して作業する事があるので、一つでも間違うと大切なデーターが社外に流出してしまう可能性もあるのです。
それから、社外の人が事務所に来客として入ってくる事もあると思います。
知らぬ間に大切な書類が盗まれてしまう事だってあり得ると思います。

空き巣や窃盗が起こりやすい

犯罪者は少しのスキを狙って犯行を行うそうです。
特に、企業や会社を狙って大切な書類やデーターを盗んで販売している悪い犯罪者も多く存在します。
大企業の場合だと、毎日結構な人数が会社に出入りする事が多いです。

今ではきちんとIDを通さないと入れない事が多いですが、まだまだそのような企業や会社は増えてきてはいますが、当たり前ではありません。
そのような企業や会社を狙って白昼に犯行を重ねる犯罪者も多いのです。
特に、貸し会議室を利用する時に人が一気にいなくなるのでその時を狙って業者や取引先のフリをして侵入して書類やデーターを盗んでいくのです。
防ぐ為には、貸し会議室の利用を少なくする事や防犯対策を強化して侵入を防ぐしかありません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ